BLOG

オリジナルポップコーン.com店長:和田しほこのポップコーンOEMブログ
2017/06/17シホパンcooking

湿気たキャラメルポップコーンをよみがえらせる方法。

平野レミさんとそっくり?!とフェイスブック
書いたところ、想像以上のいいねがついて
調子に乗って、レミパンを買っちゃった
店長しほころです。こんにちは。


レミパン、去年新しくなったみたいで、
菜箸やフライ返し、お玉などが取っ手にくっつく!
蓋は立つし。

しかもおしゃれ!!

一気に料理熱が上がります↑↑

 

さて、今日はポップコーンの湿気について。

湿気ったキャラメルポップコーンを美味しく
蘇らせる方法をアップしたいと思います。(^o^)

 

ポップコーンはとても湿気に弱いです
ポテトチップスやお煎餅と一緒で
お皿に盛ったままにしておくと、梅雨時期なんか
あっという間に湿気ってしまいます。

 

ポップコーンや煎餅のような食品を『多孔質食品』と呼ぶそうです。
多孔質食品はスポンジと同じように、吸湿性が良いため、
空気中の湿気を吸収してしまい、すぐ湿気ます。

 

 

■湿気ったポップコーンを美味しく蘇らせる方法。

今回、梅雨時期に封を丸一日空けた物を使用して実験。

指にくっついて離れない...
食べてみると、歯にくっついて、
ポップコーンと歯の間に舌を
ねじ込もうとしてもなかなか取れないレベルw

 

1,レンジで30秒チンする。(追加でもう一度40秒チン)
  
  
意外や意外、ホクホク出来たてポップコーンになります。
  でも、店長的にはチンしたては少し歯にくっついて苦手だったかな。。。

 

そして、二回目チンで一部のポップコーンが焦げた、、、

 

 

レンジでチンでもポップコーンは焦げるんだという事を知る。

 

2,フライパンで乾煎りする。(弱火~中火)

  こちらも、ホカホカなキャラメルポップコーンが完成。
  少し歯にねばりつく感じがある。粗熱取るとカリカリに。

 

弱火に近い中火で混ぜながら炒ったから、焦げることなく

レンジと同じような感じに湿気が取れました。

テフロンのようなコーティングされたフライパンが良いかも。

 

3,オーブントースターにアルミでカバーしてチン。
 
これもフライパンと変わらずホコホコ^^
  粗熱取ったらカリカリ食感に!(店長的にはこれが一番好み)

 

 

アルミホイルをお皿のようにし、キャラメルポップコーンを入れる。

 

 

そして、アルミホイルで蓋をする。

 

 

調節が出来るオーブントースターであれば、中火くらいにして、

3~4分チン。

 

 

 

■偶然の産物!

 

粗熱を早く取りたいからと

冷蔵庫に30分入れて食べてみたところ、

カリッカリの食感になっていて、

もんのすごく美味しくなったの!!

 

カリカリ具合が良い感じ!

美味しい!!!(^O^)

 

 

 

結果。

 

レンジでも、フライパンでも、トースターでも一度
湿気を飛ばした後に冷やしたら、

美味しいキャラメルポップコーンが食べられます^^

 

手軽さでいうと、レンジが一番かな。

 

是非お試しを!!   (^o^)/

ポップコーンのOEM製造 担当:和田
ポップコーンのOEM製造注文、問い合わせ
  • お電話の方はこちら
  • Web問い合わせご注文窓口